今日は師匠の入江正先生の命日ですので、往診の帰りにお墓に参りました。亡くなられてもう18年も経つのかと、時の流れの速さに驚きます。今でも優しい笑顔と怒った時の怖い顔をはっきり覚えてます。

 

ありがとうございます。

 

今日の方もカルテを見ますと最後の治療が平成19年7月ですので、12年と半年ぶりぐらいです。わたしのことを覚えてくださっててありがとうございます。

 

車を停めて患者さんのところに行く途中の公園に、梅が咲いてました。

 

今朝車で往診に行く時温度計を見たら0℃でした。帰るときも5℃でした。

 

10年ぐらい前から時々治療させていただいてる方が去年の10月から入院されてるのでお見舞いに行きました。車椅子を押して自販機のコーナーでかっぱえびせんとアイスクリームを買わされるのが恒例となりましたkyu つらい状況にもかかわらず明るくされてます。あとひと月ほどで退院できるそうです。

 

 鍼灸や漢方薬では、病気の原因を内臓の働きの過不足に求めます。肝心脾肺腎のどれかの働きが落ちたり高ぶったりすることが根本にあると考えます。脉や腹を診てどこの働きが落ちてどこが高ぶってるのかを見つけます。鍼や灸で下がってるところを上げ、上がってるところを下げます。このときに一個一個を上げ下げするのではなく、どれがいちばん親玉なのかを探します。シーソーのように、下がってるところを上げれば反対側の上がってるところが下がります。下げれば反対側が上がります。現代人に多いパターンは、脾を上げれば肝の高ぶりが収まります。肝心脾肺腎はバラバラではなくお互いに助け合ったり牽制しあって、下がりすぎないよう上がりすぎないようバランスをとりあってます。

 こたつで新聞を読んでましたら、『政府が「大胆で挑戦的研究」を支援』とありました。2050年までに達成すべき6つの目標を設定し、今後5年間で計約1150億円を投じるそうです。その中のひとつに、脳や腸など臓器同士のネットワークの仕組みを解析し疾患の予防や発症メカニズムを解明する、というのがあります。臓器間のネットワークが東洋医学の根幹です。この記事は嬉しいです。

ありがとうございます。お酒のいい香りがします。これ食べながら車運転したら捕まるのかなkyu

 

昔、ちょくちょく通ってくださってた方が13年ぶりに来て下さいました。わたしのことを覚えてくださっててありがとうございます。

今日はご近所の方だったので傘をさして歩いて行きました。少ない道具でおんなじようなことばっかりやってるのに多種多様な症状に対処できるのはやってて不思議です。

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM