今日は同業者の守本さんが来てくれました。守本さんが書いた心と心包を分けた五行の図を見て、色々考えさせられました。これは師匠が晩年に腎から肝のところだけ足から足へ行くのは云々と言われてました。左の図と右の図どちらが正しいのかと言われれば、どちらも正しいです。しかしまあ、入江FTで言うところの虚実(磁石のNでsmなら虚、Sでsmなら実)で診ますと腎と肝は虚実が同じになってることがほとんどなので、多くの場合オーソドックスな左の図でいけると思います。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM